10月11日はPhaethon発見記念日!

今日、10月11日は「Phaethon発見記念日」です! DESTINY+のプロジェクトサイエンティストである荒井朋子さん(千葉工業大学・惑星探査研究センター)の記事を、是非お読みください。 荒井朋子さんによる「10月11日はPhaethon発見記念日」へ

10月4日のPhaethonによる恒星食観測は大成功!

10月4日に行われたPhaethonによる恒星食の観測は、天候に恵まれ、成功裏に幕を閉じました。詳細は、アストロアーツさんがご紹介くださっていますので、前回に続き引用させていただきます。 アストロアーツさんのWebサイトへ 2021年10月4日のPhaethonによる恒星食観測結果

10月4日にPhaethonによる恒星食観測を実施!

DESTINY+の目標天体である小惑星Phaethonの大きさをより正確に求めるため、10月4日未明に、中国地方、四国地方、近畿地方、及び韓国南部でPhaethonによる恒星食の国際観測キャンペーンを予定しています。 天気が良くなりますように! 詳細は、アストロアーツさんのWebサイトをご覧ください。 アストロアーツさんWebサイトへ 2019年10月15日のPhaethonによる恒星食観測結果

JAXAデジタルアーカイブスで新CGを公開!

JAXAデジタルアーカイブスで、探査機の新しいCGと、Phaethonの想像図を公開しました!Phaethonの想像図は、本サイトでも未公開の画像ですので、説明文とあわせて、ぜひご覧ください。 JAXAデジタルアーカイブスをご存じなかった方は、ぜひ他のミッションの画像やビデオもチェックしてみてくださいね。 フライバイ中の探査機から見たPhaethonの想像図

探査機CGをリニューアル!

DESTINY+は、現在基本設計を実施中。探査機の大まかな設計が決まりつつあります。 その結果を反映して、探査機のCGを更新しました。 これからも最新情報をご紹介していきますので、ご注目ください! DDA、TCAP、MCAPの3つの科学観測機器を搭載 4台のμ10イオンエンジンを同時運転 小惑星Phaethonをフライバイ観測

宇宙研の桜が満開です

JAXA相模原キャンパスに足を運んだことのある方は、研究管理棟の前に桜の木があるのをご存じでしょうか。平成元年に宇宙科学研究所が駒場から相模原に移った時から立っているそうです。 その桜が、今年もきれいな花を咲かせてくれました。テレワーク推奨中のため、なかなか全てのチームメンバーが集まることはできませんが、2回に分けて集合写真を撮りました。

深宇宙探査技術実証機DESTINY⁺システム担当企業の選定

DESTINY+チームは、システム要求審査(SRR:System Requirement Review, 2020年7月1日実施)の結果を踏まえ、2020年8月~12月にかけて探査機バスシステム開発を担当する企業の選定を行いました。選定の結果、JAXAは、日本電気株式会社(以下NEC)と共に、深宇宙探査技術実証機「DESTINY⁺」のシステム開発を進めることとしました。NECは実証機の全体システム、サブシステムの設計や製造・組み立て・試験を行い、特に重要な搭載機器であるμ10イオンエンジンや薄膜軽量太陽電池パドルの開発も担当します。 システム要求審査(SRR)とは、ミッション定義審査(MDR)の次のステップとして、ミッションを遂行するために必要なシステムの要求事項などを整理し、「ミッションを達成するにはどのようなシステムが求められるか、またそのシステムは実現可能か」を審査するものです。

今年のふたご座流星群は、12月13日夜が見頃!

今年も、ふたご座流星群ウィークがやって来ました!12月13日の夜が見頃です!! 昨年の今頃は、何度目かのΔMDRの真っ最中。家族で30分ほど夜空を見上げましたが、PCのモニタを見つめすぎた私だけ、流れ星を見つけられませんでした。。。 プロジェクト化が間近に迫った今年こそは、この目でPhaethonの欠片を目撃したいと思います!

ISAS Webサイトに、DESTINY+が登場!

宇宙科学研究所(ISAS)のWebサイトに、ついにDESTINY+が登場しました。 プロジェクト化は目前!今後は、より頻繁に状況をお伝えできると思います。ご期待ください。 宇宙科学研究所のDESTINY+紹介ページへ